食卓に並んでいます

最近、インフルエンザに罹らないようにするために、乳酸菌が効果的だといわれています。

1年程度前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組を見たことがあります。

私の子供が受験の時期だったので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。

乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが特に効果があるそうです。

アトピーにとても効く化粧水を毎日使っています。

友人からすすめられた化粧水は、私の悪化したアトピーを大変きれいにしてくれたのです。

毎朝鏡を見るのが、嬉しくなりました。

手が触れる度に素肌がサラサラになったことをしっかり実感できます。

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が実体験したのは、かなりたくさん食べないと、あまり効果がない気がします。

毎日1パックぐらいは食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムなどを入れて、できるだけ摂取するとよいでしょう。

ここ最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌がかなり有効だということが分かり始めてきました。

というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。

日頃から乳酸菌を摂ることで免疫力が高くなって、インフルエンザを予防してくれたり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。

妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。

二年前より花粉症となってしまって、鼻水とくしゃみがやまなくなりました。

治療薬を使うのはしたくなかったので、テレビにて紹介していた乳酸菌飲料を試用してみました。

現在の段階では、これで花粉症はだいぶましになってます。

インフルエンザは風邪とは異なるものという説があります。

その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急に高熱にまで達し、それ症状が3日から7日続きます。

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。

しかし、肺炎をおこしたり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、油断できない感染症です。

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったばかりの頃でした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。

そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、まったく良くなってくれませんでした。

そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃には、いぶきの実の購入で症状はすっかり落ち着きました。